メニューを飛ばして本文へ移動。

    English site

[メコン・ウォッチ]

ホーム | お問い合わせ | メールニュース登録 | ご支援のお願い


イベント | メコン河とは? | 活動紹介 | 追跡事業一覧 | 資料・出版物 | ギャラリー | メコン・ウォッチについて

ホーム > 資料・出版物 > メールニュース >ラオス>著名な社会活動家誘拐される(8)

ラオス>著名な社会活動家誘拐される(8)

メコン河開発メールニュース2013年12月12日

アジアのノーベル賞と呼ばれるマグサイサイ賞を2005 年に受賞したソムバット・ソムポーン氏が誘拐により失踪してから12月15日でちょうど1年になります。この日、世界各地でイベントが企画されています。

日本からも参加できる行動を、ヒューマン・ライツ・ウォッチが発信したプレスリリースとともに、2つご紹介します。

1つ目は、ソムバット氏に想いを寄せる「創造の木」へメッセージを送る行動です。ラオスでソムバット氏が創設した団体「参加型開発研修センター(PADETC)」が主催するイベントで、世界からメッセージが集められています。詳しくはこちらをご覧ください。(締め切り12月12日(木))
http://www.mekongwatch.org/resource/news/20131209_01.html

2つ目は、東京のラオス大使館前での抗議アクションです。アムネスティ・インターナショナル日本の主催で行われます。取材、参加ご希望の方は下記までご連絡ください。
----------------------------------------------------------------------------
ラオス大使館前 
ソンバット氏拉致一周年 抗議の共同アクション&会見
----------------------------------------------------------------------------
日時:2013年12月13日(金)午前10時00分―15分
場所:ラオス大使館前
(東京都港区西麻布3−3−22)
取材参加方法:12月12日(木)までに yoshior@hrw.org あて お名前、ご所属をお知らせください。件名は「ラオス大使館前 アクション」としてください。
お問い合わせ:アムネスティ・インターナショナル(03-3518-6777)
 
アクション参加者:
若林秀樹 (アムネスティ・インターナショナル日本 事務局長)
土井香苗 (ヒューマン・ライツ・ウォッチ 日本代表)
ほか
----------------------------------------------------------------------------
ヒューマン・ライツ・ウォッチが発信したプレスリリースはこちら。
http://www.hrw.org/ja/news/2013/12/11
*********************************************************
プレスリリース
日本:ラオスの社会活動家  拉致事件に懸念を表明すべき
ソムバット・ソムポーン氏の強制失踪から1年、依然消息不明
*********************************************************

(東京、2013年12月11日)- 安倍晋三総理大臣は、日・ASEAN首脳会談の期間中に行われる、ラオスのトンシン・タンマヴォン首相との首脳会談で、著名な社会活動家ソムバット・ソムポーン氏の強制失踪事件に懸念を表明すべきである。ヒューマン・ライツ・ウォッチ、アムネスティ・インターナショナル、メコン・ウォッチそのほか日本のNGOは、本日公開の安倍首相宛の共同書簡の中でこのように要請した。

2013年12月14〜15日に行われる日・ASEAN首脳会議は、ソムバット氏の拉致・強制失踪事件が起きてちょうど1年目にあたる。2005年のマグサイサイ賞(地域指導部門)の受賞者である同氏は、2012年12月15日、ラオスの首都ビエンチャンで警察署の外にある検問所で当局により拉致された。

ヒューマン・ライツ・ウォッチ日本代表の土井香苗氏は「ソムバット・ソムポーン氏拉致事件からちょうど1年。安倍首相は、本件について公式の場での沈黙を続けた日本政府の姿勢を改めて、ラオス政府に対し、ソムバット氏の消息を明らかにするよう求めるべきだ」と述べる。「日本はラオス最大のドナー国で発言力がある。安倍首相はこうした影響力を行使し、ラオス政府首脳に対し、ソムバット氏事件の真相解明を求める訴えを無視することを止めるよう、強いメッセージを送るべきだ」。
                                                                              
ソムバット氏の強制失踪事件について、域内や国際社会で説明を求める声が広がっているにもかかわらず、ラオス政府はまともな捜査を実施していない。ソムバット事件に対して日本が公的な場で沈黙を続けることは、ラオス政府の無対応ぶりを容認するとの誤ったサインを送ることにほかならない旨書簡に署名した団体は指摘した。

日本政府は、自由、民主主義、基本的人権、法の統治といった基本的価値に立脚した外交を目指すと宣言している。これに沿ったかたちで指導力を発揮し、ラオスをはじめASEAN加盟国に対し、強制失踪からの保護は、当該政府だけではなく、広く国際社会の懸案事項であるとのメッセージを伝えるべきだ、と署名した団体は述べた。

アムネスティ・インターナショナル日本の若林秀樹事務局長は「日本は他のドナー国と協働し、ラオス政府がソムバット事件のあらゆる情報を提供するまで、本件を提起し続けるとの姿勢を明確にすべきだ」と指摘。「さらにラオス政府には、ソムバット氏の強制失踪に関与した者全員を訴追することが求められる」。 

*********************************************************

(文責 メコン・ウォッチ)

このページの先頭へ

サイトマップ
特定非営利活動法人 メコン・ウォッチ
〒110-0016 東京都台東区台東1-12-11 青木ビル3F(地図
電話:03-3832-5034 Fax:03-3832-5039 
info@mekongwatch.org
© 2000-2013 Mekong Watch. All rights reserved.