メニューを飛ばして本文へ移動。

    English site

[メコン・ウォッチ]

ホーム | お問い合わせ | メールニュース登録 | ご支援のお願い


イベント | メコン河とは? | 活動紹介 | 追跡事業一覧 | 資料・出版物 | ギャラリー | メコン・ウォッチについて

ホーム > 資料・出版物 > メールニュース >カンボジア・セサン下流2>影響住民、「豊かな自然資源を破壊するダム建設の即刻中止を求める!」

カンボジア・セサン下流2>影響住民、「豊かな自然資源を破壊するダム建設の即刻中止を求める!」

メコン河開発メールニュース2014年11月23日


記者会見の様子

北東カンボジアのラタナキリ州都バンルンで、同州と隣のストゥントレン州に暮らすセサン下流2ダム(LS2)影響住民が記者会見を開き、国会宛ての共同声明を発表しました。【1】 LS2は、トンレサップ湖やメコン河流域全体の自然資源、特に魚類へ甚大な影響を及ぼすことが懸念されています。

2014年11月23日の声明で住民は、「魚はカンボジアの財産である。カンボジアの財産に被害を及ぼすLS2は良い開発事業とは言えない」と述べ、カンボジア国会のセン・サムリン議長に対して、建設事業の中止に向けた仲裁を求めています。

LS2は、セサン川とスレポック川の合流地点から約1.5km下流、両河川がメコン河本流と合流する約25km上流に建設中のダムです。「支流ダム」として扱われていますが、建設されればトンレサップ湖やメコン河下流域全体の漁業や生態系に甚大な影響を及ぼす恐れがあります。専門家の試算でも、このダムによって、メコン河流域に生息する魚類の9.3%が減少するとされていますが、これは1年間で約20万トン分の漁獲量に相当します。【2】

また、記者会見の席で、住民代表は、LS2が文化・伝統・精霊・民族としてのアイデンティティへ与える影響についても指摘しました。「私たちは、豊かな自然資源をもたらす村での生活に非常に満足しています。私たちは森・山・川に精霊が宿っていると信じています。これらの自然資源と神聖な場所を失うことは、民族としてのアイデンティティを失うことにあたります」と、LS2の貯水によって水没するクバールロミア村の住民で、プノン少数民族のキム・ドゥアン氏は述べました。

LS2の影響住民の多くがプノン族やラオ族などの先住/少数民族です。住民たちの文化は、特に先祖代々暮らしてきた土地と自然資源に深いつながりがあります。

同じく会見で発言した、ラタナキリ州の住民代表は、「私たちは、上流ベトナムのヤリ滝ダムをはじめ多くのダムの影響を10年以上にもわたって受けてきています。ダムがどのように川の生態系を破壊し、それがどう自分たちの生活に影響するかを経験しています。ダムが川の自然な流れを遮断すれば、魚は回遊できなくなり、繁殖もできません。川の水も汚れ、生活用水として使用することができなくなります。流れを遮断された川は、もう川ではありません。」と涙ながらに訴えました。そして「私たちは、LS2の影響住民とはみなされていませんが、影響を受けることは確実です」と、LS2の影響が貯水池周辺だけにとどまらないことを強調しました。

住民代表は、国会に対して、「開発とは、私たちのような一般のカンボジア市民を幸せにするものであるはずです。国会議員の皆さんは、私たちより教育も権力もあるわけですから、LS2がカンボジア国民に及ぼす影響を理解し、国家の問題を議論し合う場である国会でこの問題について議論してほしいと思います。私たちを苦しませるのではなく、よりより解決策を見つけて下さい。みなさんの家や先祖の墓の近くにLS2が建設されることになったらどう思うのか、ぜひ考えてみて下さい」と訴え、会見を終えました。

住民代表は、明日プノンペンへ出向き、25日(火)にカンボジア国会にこの声明を直接手渡します。

影響住民はこれまで、事業主である中国企業やカンボジア政府関連省庁との直接の対話を求めて、企業や政府宛てに声明や請願書を提出してきました。しかし、今日まで、何の回答も得られていません。今回の声明をきっかけに、LS2がカンボジアの国家的な問題であるという住民の指摘に対する理解が深まり、適切な対応が取られることを期待します。

【1】原文および和訳、英訳はこちら。
原文(カンボジア語)http://www.mekongwatch.org/PDF/news20141123_LS2_statement_Khmer.pdf
和訳 http://www.mekongwatch.org/PDF/news20141123_LS2_statement_JPN.pdf
英訳 http://www.mekongwatch.org/PDF/news20141123_LS2_statement_ENG.pdf
中国語訳 http://www.mekongwatch.org/PDF/news20141123_LS2_statement_CHN.pdf

【2】LS2について、詳しくはこちらをご覧ください。 http://www.mekongwatch.org/report/cambodia/LowerSesan2.html

ヤリ滝ダムについては、こちらをご覧ください。
http://www.mekongwatch.org/report/vietnam/YariFall.html
ベトナムからカンボジアへのダムの越境影響については、こちらをご覧ください。
http://www.mekongwatch.org/report/tb/3sDam.html

 

(文責 メコン・ウォッチ)

このページの先頭へ

サイトマップ
特定非営利活動法人 メコン・ウォッチ
〒110-0016 東京都台東区台東1-12-11 青木ビル3F(地図
電話:03-3832-5034 Fax:03-3832-5039 
info@mekongwatch.org
© 2000-2013 Mekong Watch. All rights reserved.