メニューを飛ばして本文へ移動。

    English site

[メコン・ウォッチ]

ホーム | お問い合わせ | メールニュース登録 | ご支援のお願い


イベント | メコン河とは? | 活動紹介 | 追跡事業一覧 | 資料・出版物 | ギャラリー | メコン・ウォッチについて

ホーム > 資料・出版物 > メールニュース > サルウィンダム > タサンダム着工

サルウィンダム>タサンダム着工

メコン河開発メールニュース2007年4月14日

軍事政権下のビルマに対して、日本の電源開発株式会社が特殊法人時代にフィージビリティ調査を行ったサルウィン川のタサンダム。強制立ち退きや人権侵害が強く懸念される中、タイと中国の企業の手によって事業は実現しようとしています。

以下、メコン・ウォッチの秋元由紀による報告とタイ・ビルマ国境で活動するシャン民族の環境NGOのプレスリリースの翻訳です。


ビルマ・シャン州南部を流れるサルウィン川に計画されているタサンダムの建設が3月30日にとうとう始まりました。コンクリートダムの高さは227メートル、出力は7110メガワットの予定です。タサンダム開発は主にビルマ軍政とタイのMDXが進めてきましたが、報道によればMDXのほか、同じくタイの発電大手ラチャブリ・エレクトリシティ・ジェネレーティング・ホールディング(RATCH)とチョー・ガーンチャーン、中国の葛州バ水利水電工程集団有限公司が参加しているようです。

地図や背景情報はメコン・ウォッチのページをご覧ください。

プレスリリース

2007年3月29日
連絡先:シャン・サパワ環境団体(訳注1) サイサイ

住民400人がタイMDX社主催の「祝賀会」への出席を強制されるビルマ・シャン州を流れるサルウィン川でタサンダム建設が開始

ビルマ軍政は、シャン州のタサンダム建設開始を記念する本日29日の公式「祝賀会」に周辺住民約400人を強制的に出席させようとしている。これを受けてサパワは、式典を主催するタイのMDX社に対し、ただちに事業から撤退し、タサンダム建設に関連して起きている人権侵害にこれ以上加担しないよう求めた。

ムントンとムンパンから、子どもを含む400人以上の住民がダム建設予定地まで連れて行かれた。移動には住民所有のトラックが徴用された。集められた人々は、式典に出席するためヘリコプターで到着するビルマ軍政幹部を歓迎させられている。

式典への出席命令に従わなければ投獄される恐れがある。残念なことに、この地域の住民たちにとってこのような強制措置は珍しいものではない。本日の式典に出席を強要された住民の中には、ダム建設予定地の北にあった自宅から強制的に移住させられた住民もいる。ビルマ軍はこの10年間でダム建設予定地や水没予定地の周辺から6万人以上の住民を移住させた。言われた通りに移住せず、隠れているところを見つけられた住民は拷問や性的暴力を受けたり殺されたりした(訳注2)。

サパワのサイサイ氏は述べた。「これらの住民たちはすでに暴力で脅されて家や畑を追われたというのに、今度はMDXが、故郷を永遠に水没させるダムを軍政と手を組んで建設するのを拍手して歓迎しなければならないのです」

タイの建設会社MDXは1998年からタサンダム建設の準備をし、2006年4月3日にビルマ軍政と同ダム(出力7110メガワット)を共同開発する覚書に調印した。

サイサイ氏はこうも話す。「MDXはこの地域で作業をし始めて10年になります。自分たちの周りで起きている人権侵害に気づかないとは、いったいどこまで目がくらんでいるのでしょう? 私たちはMDXが眼を開き、このままビルマ軍政同様の血塗られた存在になってしまう前にタサンダム建設から撤退することを求めま
す。」

MDXは中国にも同ダム建設への投資を求めている。2007年3月15日には、中国の葛州バ水利水電工程集団有限公司(訳注3)が同ダムの初期工事契約を取ったことが発表された。また、雲南電網公司(訳注4)が建設予定地を訪れたことが報告されている。

タサンダムについての詳しい情報はサパワの報告書「原題:Warning Signs」を参照。

 

訳注1:シャン・サパワ環境団体はタイ・ビルマ国境で活動するシャン民族の環境保護団体。

訳注2:ビルマ軍による移住事業では、指定の移住先が何もない場所であることが多い。元の村に戻るのは禁じられ、見つかると殺されることもあるが、生活手段を失った住民はしばしば命がけで元の村に食糧などを取りに戻る。

訳注3:China Gezhouba Water & Power Group Co Ltd。「バ」は土へんに覇。また、雲南電網公司(訳注:中国南方電網公司の子会社

訳注4:中国南方電網公司の子会社。

出典:
“400 Villagers Forced to Attend ‘Celebration’ by Thai MDX to LaunchConstruction of Tasang Dam on the Salween River in Shan State,”PressRelease, Shan Sapawa Environmental Organization, March 29, 2007

参考:
- Tar-hsan Hydropower Project Construction Begins, The New Light ofMyanmar, April 4, 2007
- Myanmar-Thai Hydropower Project Starts on Thanlwin River, People'sDaily via Xinhua, April 5, 2007
- Myanmar, Thailand Begin Work on Controversial Dam, AFP, April 5, 2007
- Burma-Thailand Begin Construction of Controversial Dam Project,Irrawaddy, April 5, 2007

このページの先頭へ

サイトマップ
特定非営利活動法人 メコン・ウォッチ
〒110-0016 東京都台東区台東1-12-11 青木ビル3F(地図
電話:03-3832-5034 Fax:03-3832-5039 
info@mekongwatch.org
© 2000-2013 Mekong Watch. All rights reserved.