メニューを飛ばして本文へ移動。

    English site

[メコン・ウォッチ]

ホーム | お問い合わせ | メールニュース登録 | ご支援のお願い


イベント | メコン河とは? | 活動紹介 | 追跡事業一覧 | 資料・出版物 | ギャラリー | メコン・ウォッチについて

ホーム > 資料・出版物 > メールニュース > ベトナム・セサン川ダム > 住民・NGOの要望書

ベトナム・セサン川ダム>住民・NGOの要望書

メコン河開発メールニュース 2004年6月13日

親愛なるメコン河委員会(MRC)合同委員会の皆様

私たちはカンボジアのセサン川周辺に住む5万人もの人たちが直面している、未解決の状況に関心をもっていただきたく、この手紙を書いております。

セサン川における電力開発の悪影響およびこれらの影響を招いた1995年メコン協定違反について、早急に調査していただきたくお願い申し上げます。

セサン川の生態系全体は変わりました。魚の量は大幅に減少しており、漁業やその他の生計手段は非常に困難になっております。セサンのコミュニティやカンボジア政府はベトナムのヤリ滝ダムの影響について解決策を求めて交渉の努力をしておりますが、状況は予断を許しません。私たちが懸念していることは、以下の通りです。

1.ヤリ滝ダムの操業?カンボジア下流域での不規則で危険な水位変化

Andong MeasおよびVoeun Saiの計測ポイントでのMRCの水位データにあるように、ヤリ滝ダムの100km以上下流にあるセサンの村々は日々非常に大きな水位の変化や、人々が生計を頼ってきた自然の川の流れとは大きく異なる季節的な河の流れを経験している。

2000年にADBのコンサルタントであるWorley氏(注)は、両国の間で越境流量協定が締結されるまで、直ちに自然の流れを反映したヤリ滝ダムの操業を行わなければならないと勧告した。しかし、これは無視された。

2003年8月にカンボジア国内メコン委員会(Cambodia National Mekong Committee: CNMC)はベトナム国内メコン委員会(Vietnam National Mekong Committee: VNMC)に2003年8月11日付けで「件名:ヤリ水力電力プロジェクト」のファックスを送付した。(この文書で)「不安定な水量状況」と水質劣化によって、生計手段をセサン川に頼っているコミュニティへヤリ水力電力プロジェクトがもたらす継続した「深刻な影響」について取り上げた。VNMCに対して、「私たちの懸念を払拭してくれるようなしかるべき手段を講じるように」要求した。私たちはベトナム政府から何の返事も受け取っておらず、ベトナム電力公社(EVN)は下流の状況を緩和するような操業体制を整えることができずにいる。

2.被害・損害に対する補償

Worley報告(2000)では、EVNが責任を負うべき被害・損失に対する補償義務を精査する包括的な調査を(EVNが)行うための予算とスケジュールも提案している。(しかし、)そのような調査は一切行われていない。

5万5千人のセサン川周辺住民は、過去、現在、将来における生計手段の損失に対する補償をいかなる形でも受け取っていない。セサン川周辺コミュニティの過去、現在、将来の損失をいったい誰が補償してくれるのかは、いまだに不明である。

3.ヤリ滝ダムおよびそれ以降のセサン川ダムに関する、下流における環境影響評価や影響住民とのコンサルテーションの欠如

カンボジアはベトナムに対して、少なくともヤリ滝ダムの操業の問題が解決し補償が行われるまでは、セサン川へのこれ以上のダム建設を控えるように訴えたにも関わらず、ベトナムはヤリ滝ダムの影響に対処することなく、セサン川流域にセサン3、3A、Pleikrongの3つのダムを建設し始めている。

カンボジア側のセサン川に関わるセサン3の環境影響評価のTORについて、カンボジアとベトナムは2年間にも渡って交渉を行ってきたが、評価はまだ始まっていない。これらの評価が行われないうちに、セサン3およびそれに続くダムの建設が行われている。これは、カンボジア政府に十分かつ詳細な通知、および下流の環境影響評価やコンサルテーションを行うというベトナム政府の義務の違反である。

4.メコン協定への違反

これまでに挙げてきた懸念は、ベトナム政府が1995年メコン協定の原則やいくつかの義務に違反していることを示している。特に第7条および第8条が定めた加盟国の義務である、「悪影響を回避、最小化し、また軽減すること」、「訴えられている被害の原因を直ちに中止すること」、および「関連する要因、原因、被害の範囲や生じた被害の責任を明確にすること」である。

私たちの知る限り、この協定に定められた義務に対するベトナム政府の遵守を確保するような手段は一切取られていない。

これらの懸念に鑑みて、また1995年メコン協定の加盟国の義務を踏まえて、私たちはMRC共同委員会に以下の点を確保するように要求します。

1.セサン川流域でのダム建設はEVNが以下の手続きを遵守しない限りは中止する

-ヤリ滝ダムは自然の流れを反映した操業を行う

-ヤリ滝ダムについての影響、緩和策や補償に関する包括的な調査を行う

-現在建設中のすべてのダムについて、下流で影響を受けるコミュニティとのパブリック・コンサルテーションを含んだ国際的水準での環境影響評価を行う。

2.セサン川流域電力開発において、1995年メコン協定への違反がないか調査を行い、遵守を確実にする。

私たちは上記の懸念が合同委員会で十分に考慮されることを望んでおります。私たちは、カンボジアメコン委員会もしくはMRCのご都合のよろしいときに、これらの懸念についてより深い議論を行うことができれば嬉しく思います。

どうぞ宜しくお願いいたします。

「セサン川保護ネットワーク」を代表して

Kim Sangha, Coordinator, Se San Protection Network Project, Ratanakiri Thoun Try, Advocacy Coordinator, CEPA, Stung Treng/Phnom Penh Ea Sophy, Environment Coordinator, NGO Forum on Cambodia, Phnom Penh

注:Worley WTL LTD (現在のMeritec)「セサン3電力プロジェクト、ヤリ/セサン3環境および社会影響分析調査(Se San 3 Hydropower Project, Yali/Se San 3 Environmental and Social Impact Analysis Study)」アジア開発銀行 PPTA 31362-01-VIE

英語の原文

Phnom Penh, 22nd March 2004

RE: Unresolved Transboundary impacts in the Sesan River Basin - Communitiesgo uncompensated and left facing irregular and hazardous flows

Dear MRC Joint Committee Members,

We are writing to you to draw your attention to the unresolved situation facing over 50,000 people living along the Sesan River in Cambodia.

We are writing to request the MRC Joint Committee to investigate immediately the impacts of hazardous hydropower developments on the Sesan River, and the violations of the 1995 Mekong Agreement which have resulted in these impacts.

The entire ecosystem of the Sesan River has been changed. Fish stocks have severely declined and fishing, amongst other livelihood activities has become extremely difficult. Despite the efforts of Sesan Communities and the Cambodian government to seek and negotiate a solution to the impacts of Yali Falls Dam in Vietnam, the situation remains critical. Our main concerns remain as follows:

1. Yali Falls Operation-Irregular and hazardous water levels downstream in Cambodia

Illustrated by MRC flow data taken from Andong Meas and Voeun Sai measuring stations, more than 100km downstream of Yali Falls, Sesan villagers are experiencing dramatic daily fluctuations in the water levels and seasonal flows that differ seriously from the natural flows people depend upon for their survival.

In 2000 ADB consultants, Worley made recommendations that Yali should be operated according to the natural flow IMMEDIATELY until cross border flows agreement have been reached between the two sides. This was ignored.

In August 2003 the CNMC submitted a fax to VNMC Vietnam dated 11 August 2003, Subject: "The Ialy Hydropower Project", raising the ongoing "serious impacts" from the Ialy Hydropower Project to Sesan River-dependent communities, caused by the "unstable flow regime" and poor water quality. The VNMC was requested to "to take necessary measures to tackle our concerns accordingly." We have heard no response from the Government of Vietnam and EVN has failed to adjust its operating regime to alleviate the conditions downstream.

2. Compensation for damages and losses

The Worley Report (2000) also proposed a schedule and budget for EVN to coordinate a full investigation to assess compensation requirements to cover losses and damages for which EVN would be liable for. No such assessment has been carried out. .

None of the 55,000 people living along the River have received any form of compensation for their livelihood losses past, present or future. It remains unclear who is going to compensate the Sesan communities for past, present and future losses.

3. Lack of downstream environmental impact assessments or consultations with affected communities for Yali Falls and subsequent Sesan Dams.

Despite Cambodian appeals to Vietnam to stop further dam construction on the Sesan, at least until Yali’s operations are mitigated and compensated for, Vietnam has begun constructing 3 more dams on the Sesan Basin, Sesan 3, 3A and Pleikrong without addressing the impacts of Yali Falls.

Despite two years of negotiations between Cambodia and Vietnam over the over the terms of reference for the environmental impact assessments for Sesan 3 on the Cambodian stretch of the river, assessments have yet to begin. Without these assessment the Sesan 3 and subsequent dams are being constructed in violation of the Government of Vietnam's obligations to provide sufficient and detailed notification to the Cambodian Government and to conduct downstream environmental impact assessments or downstream consultations.

4. Violations of the Mekong Agreement

The concerns raised above show that Vietnam has violated the principles, and several obligations of the 1995 Mekong Agreement. In particular under articles 7 and 8, member states are obliged to: "avoid, minimize and mitigate harmful effects….", to "cease immediately the alleged cause of harm", and to "determine all relevant factors, the cause, extent of damage and the responsibility for damages caused"

To our knowledge there have been no measures taken to ensure that Vietnam comply with these obligations under the agreement.

In light of these concerns, and in keeping with obligations of member states under the 1995 Mekong Agreement, we request the MRC Joint Committee to ensure the following:

1. Construction of dams on the Sesan River Basin is halted until EVN has complied with the following procedures:

-Yali Falls is operated according to natural flows

-a full investigation into impacts, mitigation measures and compensation for Yali Falls is carried out

-environmental impact assessments are conducted for all dams currently under construction, to internationally acceptable standards, including public consultations with affected communities downstream

2. Action is taken to investigate violations of, and ensure compliance with, the 1995 Mekong Agreement in the case of Sesan River Basin hydropower developments

We hope that the above concerns may be given full consideration by the Joint Committee. We would be happy to meet with Cambodian National Mekong Committee or MRC at any convenient time to further discuss these concerns.

Please accept the assurances of our high regard,

Kim Sangha, Coordinator, Se San Protection Network Project, Ratanakiri Thoun Try, Advocacy Coordinator, CEPA, Stung Treng/Phnom Penh Ea Sophy, Environment Coordinator, NGO Forum on Cambodia, Phnom Penh

このページの先頭へ

サイトマップ
特定非営利活動法人 メコン・ウォッチ
〒110-0016 東京都台東区台東1-12-11 青木ビル3F(地図
電話:03-3832-5034 Fax:03-3832-5039 
info@mekongwatch.org
© 2000-2013 Mekong Watch. All rights reserved.