メニューを飛ばして本文へ移動。

    English site

[メコン・ウォッチ]

ホーム | お問い合わせ | メールニュース登録 | ご支援のお願い


イベント | メコン河とは? | 活動紹介 | 追跡事業一覧 | 資料・出版物 | ギャラリー | メコン・ウォッチについて

ホーム > 資料・出版物 > メールニュース > カンボジア漁業 > 前年比20パーセント減

カンボジア漁業>前年比20パーセント減

メコン河開発メールニュース 2004年4月27日

カンボジアの漁獲高が大きく減少しているようです。政府関係者は旱魃による影響を強調しています。その一方で、比較的富裕な層に有利な漁業改革や上流での開発の影響などを指摘する声もあります。

カンボジアの農村部に住む人々にとって、淡水魚は貴重な動物性たんぱく質を与えてくれてきました。援助機関などによって貧困削減が声高に叫ばれる一方で、淡水魚に依存する農村の生活は確実に苦しくなっているようです。

以下、カンボジアの英字新聞カンボジア・デイリー紙の記事を、メコン・ウォッチボランティアの栗林健太さんが翻訳しました。


漁獲高20パーセント減

カンボジア・デイリー

Van Roeun and Solana Pyne

2004年3月31日

今年の漁獲高は前年に比べて20パーセント減少するだろうとカンボジア政府の水産関係者らは見ている。雨が少なく、メコン川の水位が最近10年間でもっとも低いと報告されている中でのことだ。

先週、メコン河委員会は旱魃によりメコン河の水量が過去10年でもっとも低くなっていると伝えた。同委員会は急激な水量の低下が稚魚から成魚まで生き残る数を減らし、それが漁獲高に影響しているのではないかと言う。

月曜日(3月29日)、農業省のNao Thuok水産庁長官は、旱魃の影響によって漁獲高は昨年の30万8750トンよりも今年は実質的に少なかったのではないかと話した。

Nao Thuok長官は、「今年の漁獲高は昨年に比べ15−20パーセント少ないはずだ。それは不十分な水量のためである」と語った。

長官はまた、Kandal州のPonhea Leu地区で大規模な網漁を行っている国営のDai水産の漁獲高は、昨年に比べ30パーセント減となったと語った。しかしながら,雨があまり降らなかったという理由は150〜200万人の食料を支えている淡水魚資源を減らしたいくつかの要因の1つに過ぎない、漁業関係の活動をするNGOは火曜日(3月30日)にそう語った。

同じ日,漁業行動連合チーム(the Fisheries Action Coalition Team)のマック・シチリット代表は、「違法漁業の横行や効果のない法律の適用も、水量の低下と同様に魚の数を減らした主要な理由である」と語った。

今週,漁師たちもまた、漁獲高が大幅に減少したと報告した。

55歳のDoeun Phinさんは、Kandal州のPonhea Leu地区で人生を通してずっと漁業を行ってきた。月曜日(3月29日)彼女が語ったところによれば、今年の漁獲高は彼女の記憶する中で最もひどいものだったという。

「獲れる魚の量が減って毎日不安でしょうがない。昨年は1日当たり10キロ獲れたのに今年はキロ程度です」と語った。

同じPonhea Leu地区で漁業をする60歳の漁師Lae Havさんは、獲れる魚の量が一気に落ち込んだと言う。

「去年は1日当たり50キロ獲れた」、Laeさんは大きな魚が獲れなくなったので、小魚用の漁具を使い始めたと語った。

火曜日(3月30日)、オックスファムGB(グレイトブリテン)のプログラムオフィサーのNgin Navirakさんは、乱獲もまた漁業資源の確保を難しくしていると話した。

農民や漁民が言っているのは、予想することができない洪水や旱魃の発生により人々は、米を作るよりも漁業により生計を立てるようになったらしい、とNginNavirakさんは話した。

「以前は、いつ洪水が起こるのかわかったので、米作りの計画を立てられました。しかし今は予想すらできない。だから農作物を作るのをやめ、ただ単に魚獲りをするようにしたのです」と彼女は語った。

2000年から始まった漁業改革は、貧困削減を目標としている。しかし、今のところその恩恵のほとんどは富裕層に行っているだけでなく、漁獲高をも減らしているようにしか思えないとNgin Navirakさんは言う。

農業省により導入されたこの改革により、これまで商業目的の大規模な漁業者のために保全されていた川の56パーセントが、中・小規模漁民に開放された。

また、この改革にともない中規模漁業者から徴収していた入漁料も撤廃となった。

しかし、Ngin Navirakさんは、お金のある人たちは、違法漁業を行う際に、役人に別の形でお金を払うだけだと感じているため、貧しい漁民たちは落胆していると話した。

裕福な漁民たちは、入漁料が減った分をより大きな漁具を買うために活用することができている。

「一方で貧しい漁民たちは未だに小さな漁具を使うに留まり、少ない数の魚しか獲れないのだ」とNgin Navirakさんは言う。

特に中国のメコン河上流や隣国の支流に建設されたダムもまた、漁業資源に害をもたらしているかもしれない、Ngin Navirakさんらは言う。

メコン河委員会は、今年の10年来の水位低下が上流に造られたダムによる直接の原因とはいえなのではないかと言う。しかし、すでに完成したものや建設中のものも含めて、ダムがカンボジアでの漁獲高に影響しているのではないかという長年に渡る懸念が横たわる。

このページの先頭へ

サイトマップ
特定非営利活動法人 メコン・ウォッチ
〒110-0016 東京都台東区台東1-12-11 青木ビル3F(地図
電話:03-3832-5034 Fax:03-3832-5039 
info@mekongwatch.org
© 2000-2013 Mekong Watch. All rights reserved.