メニューを飛ばして本文へ移動。

    English site

[メコン・ウォッチ]

ホーム | お問い合わせ | メールニュース登録 | ご支援のお願い


イベント | メコン河とは? | 活動紹介 | 追跡事業一覧 | 資料・出版物 | ギャラリー | メコン・ウォッチについて

ホーム > イベント >【セミナー】カンボジアとメコン河 開発の現場で起きていること

【セミナー】

カンボジアとメコン河
開発の現場で起きていること


2018年6月21日(木)18:45〜20:30@GEOCセミナースペース

1991年に和平合意が成立し、長い紛争が終わったカンボジア。UNTAC(国際連合カンボジア暫定統治機構)への参加など、日本はこの25年間、官民を挙げて様々な形で同国が民主的な国家として再出発できるよう支援を続けてきました。しかし、カンボジアでは、今年7月の総選挙を目前に、最大野党が最高裁判所の命令で解党させられ、政府に批判的な報道もしていたメディアは閉鎖に追い込まれ、市民にも様々な形で圧力が加えられています。対抗勢力なく行われる選挙は、与党への信任投票に過ぎないと、世界中から懸念の声が挙がっていますが、日本政府は支援を継続する模様です。
そんなカンボジアで、今、大規模開発の現場では何が起きているのでしょうか。
北東カンボジアでは、中国主導のダム開発が進み、今も密かに数万人の移転と甚大な環境影響が予想される、メコン河本流でのダム計画が進行中です。これが実現すれば、メコン河流域の各県で行われてきた社会開発事業も環境保全の努力も無に帰す懸念があります。今回のセミナーでは開発事業の問題点だけでなく、現地の自然や暮らしを写真や映像で、また不安を抱えながら暮らす人々の声を紹介していきます。

日時
2018年6月21日(木)18:45-20:30(開場18:30)
場所
地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
(東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F)
地図http://www.geoc.jp/access/
アクセス
表参道駅 徒歩5分(東京メトロ:銀座線・千代田線・半蔵門線)
渋谷駅 徒歩10分 (JR・東急・京王井の頭線・東京メトロ)
定員
50名
資料代
500円(メコン・ウォッチ会員、学生は無料)
申込み
こちらのフォームからお申込みください。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/fe4ab464572966
プログラム
報告者:木口由香(メコン・ウォッチ事務局長)、米倉雪子(メコン・ウォッチ理事)
・2017年からのカンボジアの社会状況
・写真・ビデオで見るメコン河流域の人々の暮らし
・カンボジア国内のメコン河開発について
主催
特定非営利活動法人メコン・ウォッチ
お問合せ先

特定非営利活動法人メコン・ウォッチ
Tel: 03-3832-5034 Fax: 03-3832-5039
Email: info@mekongwatch.org

このページの先頭へ

サイトマップ
特定非営利活動法人 メコン・ウォッチ
〒110-0016 東京都台東区台東1-12-11 青木ビル3F(地図
電話:03-3832-5034 Fax:03-3832-5039 
info@mekongwatch.org
© 2000-2013 Mekong Watch. All rights reserved.