メニューを飛ばして本文へ移動。

    English site

[メコン・ウォッチ]

ホーム | お問い合わせ | メールニュース登録 | ご支援のお願い


イベント | メコン河とは? | 活動紹介 | 追跡事業一覧 | 資料・出版物 | ギャラリー | メコン・ウォッチについて

ホーム > イベント > 講演会など>セミナー ボルネオの熱帯雨林を蝕むプランテーション開発(2013.10.28)

セミナー 
「ボルネオの熱帯雨林を蝕むプランテーション開発
〜インドネシアとマレーシア・サラワク州での事例」

日時:2013年10月28日(月)14:00〜16:00
会場:貸会議場 内海 101会議室

当日の配布資料(PDF) 1.石崎報告 2.中司報告 3.エドワードソン報告

 

日時
2013年10月28日(月)14:00-16:00
会場
貸会議場 内海 101会議室
(東京都千代田区三崎町3-6-15)
JR・地下鉄水道橋駅から徒歩1分
http://www.kaigishitsu.co.jp/company/access.html
参加費
無料
プログラム(予定)
1. 「消えゆくオランウータン〜タンジュン・プティン国立公園周辺地域での違法な農園開発」〈インドネシア〉
石崎雄一郎(ウータン・森と生活を考える会)、中司喬之(熱帯林行動ネットワーク)

「タンジュン・プティン国立公園は中央カリマンタン州に位置する、絶滅危惧種に指定 されているオランウータンの残された棲息地の一つであり、その姿を一目見ようと日々 多くの観光客で賑わっている。しかし、保護されるべきはずの国立公園でさえもプラン テーション開発の対象地となりつつある。この地域での農園開発を計画している企業と その農園開発の渦中に置かれているオランウータンの現状について報告する。」


2. 「買ってはいけないサラワク州のパーム油〜裁判所も無視する『危ない企業』と権利に目覚めた先住民族」〈マレーシア・サラワク州〉
トム・エドワードソン(サラワク・キャンペーン委員会)

「日本への熱帯木材輸出で森林資源が枯渇し、危篤状態にあるサラワク州の熱帯雨林は 大規模アブラヤシ・プランテーション開発に葬り去られようとしている。太古の昔から 森に頼って暮らしてきた先住民族は、林道にバリケードを張って必死に抵抗してきたが ブルドーザーを止めることができなかった。しかし、権利に目覚めた森の民はプラン テーション企業を提訴し、次々と勝訴し始めている。腐敗した政治家と太いパイプを持ち 裁判所の判決を無視して操業を続ける企業に対して住民は、さらに知恵を絞って闘い を繰り広げている。その現場の生の声を届けたい。」
要申込
終了しました。
共催
メコン・ウォッチ、国際環境NGO FoE Japan、 地球・人間環境フォーラム、
サラワク・キャンペーン委員会、熱帯林行動ネットワーク(JATAN)、
レインフォレスト・アクション・ネットワーク日本代表部
お問い合わせ
 メコン・ウォッチ
 Tel: 03-3832-5034
 Email: event@mekongwatch.org

※本セミナーは独立行政法人環境再生保全機構から助成を受けています。

メコン・ウォッチの「熱帯プランテーション問題解決のための取り組み促進事業」についてはこちら
http://www.mekongwatch.org/activity/Plantation.html

 

このページの先頭へ

サイトマップ
特定非営利活動法人 メコン・ウォッチ
〒110-0016 東京都台東区台東1-12-11 青木ビル3F(地図
電話:03-3832-5034 Fax:03-3832-5039 
info@mekongwatch.org
© 2000-2013 Mekong Watch. All rights reserved.