メニューを飛ばして本文へ移動。

    English site

[メコン・ウォッチ]

ホーム | お問い合わせ | メールニュース登録 | ご支援のお願い


イベント | メコン河とは? | 活動紹介 | 追跡事業一覧 | 資料・出版物 | ギャラリー | メコン・ウォッチについて

ホーム > イベント > 講演会など>セミナー ボルネオの森はいま(2013.6.8)

セミナー 
「ボルネオの森はいま〜熱帯林が支えるわたしたちの暮らし〜」
日時:2013年6月8日(土)13:00〜16:00
会場:JICA地球ひろば 大会議室

当日の配布資料(PDF)

 

あなたにとって、森林ってなんでしょうか。
たまの休みの癒しの場だったり、植物や動物を愛でる場所かもしれません。

一方、毎年世界では約1,300万haの森林がなくなっています。
一分間にサッカーのフィールド約3.6個分の面積です。
森林がなくなると、地球温暖化は進み、生物多様性が失われるといわれています。

マレーシアボルネオ島の先住民族にとってはそれだけではすみません。
森は、彼らの家であり、畑であり、文化そのものだからです。

ボルネオのサラワク州では、木材生産やパーム油(植物油脂)のための
土地への利用転換で森林が失われてきました。
森に生きてきた先住民族は、そうした資源を利用するわたしたちの
生活の裏側でその文化と尊厳を失いつつあります。

今回、25年以上NGOの活動家として現地の先住民族の人々とともに
戦い支えてきた環境保護団体IDEAL代表 Wong Meng Chuo氏をお迎えします。
消費者であるわたしたちがいま何をすべきか、一緒に考えていきましょう。

日時
2013年6月8日(土)13:00-16:00
会場
JICA地球ひろば 大会議室
(東京都新宿区市谷本村町10-5)
JR・地下鉄市ヶ谷駅から徒歩10分
http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html
要申込
終了しました
資料代
1,000円(会員は無料)
プログラム(予定)
13:00 開始
・ 映像上映
・ 講演1:「先住民族が直面していること(仮題)」
     Wong Meng Chuo氏(環境保護団体 IDEAL代表)※逐次通訳有
・ 講演2:「サラワクの森林破壊と日本の市場の関わり(仮題)」
     三柴淳一氏(FoE Japan)
・ 意見交換:「消費者であるわたしたちがすべきこと(仮題)」
     講演者+参加者の皆さん
16:00 終了予定
共催
メコン・ウォッチ、国際環境NGO FoE Japan、 地球・人間環境フォーラム、
サラワクキャンペーン委員会、熱帯林行動ネットワーク(JATAN)、
レインフォレスト・アクション・ネットワーク日本代表部
お問い合わせ
 一般財団法人 地球・人間環境フォーラム
 TEL:03-5825-9735 FAX:03-5825-9737
 Email: gef@gef.or.jp

※本セミナーは独立行政法人環境再生保全機構から助成を受けています。

メコン・ウォッチの「熱帯プランテーション問題解決のための取り組み促進事業」についてはこちら
http://www.mekongwatch.org/activity/Plantation.html

 

このページの先頭へ

サイトマップ
特定非営利活動法人 メコン・ウォッチ
〒110-0016 東京都台東区台東1-12-11 青木ビル3F(地図
電話:03-3832-5034 Fax:03-3832-5039 
info@mekongwatch.org
© 2000-2013 Mekong Watch. All rights reserved.