メニューを飛ばして本文へ移動。

    English site

[メコン・ウォッチ]

ホーム | お問い合わせ | メールニュース登録 | ご支援のお願い


イベント | メコン河とは? | 活動紹介 | 追跡事業一覧 | 資料・出版物 | ギャラリー | メコン・ウォッチについて

ホーム > イベント > 講演会など>セミナー 開発現場から見たメコンの20年(2013.6.2)

セミナー 
「開発現場から見たメコンの20年―変わったもの、変わらないもの」
日時:2013年6月2日(日)13:30〜15:30
会場:岩波セミナールーム

人の活動が地球環境の許容範囲を超えてしまったことが言われて久しく、また、2011年の震災と原発事故は、日本のように「発展」した国の脆弱性を白日の下にさらけ出しました。しかし、従来型の経済優先の発展が人びとを豊かにする、という幻想は未だに強く、日本社会もまたその道に戻っていこうとしているように見えます。

アジア最後のフロンティアと呼ばれるビルマ(ミャンマー)。投資先として注目される同国は、今、援助・開発ラッシュに沸いています。日本も官民を挙げて同国の開発に関わり始めましたが、現地の人々は、立退きや生業を失うなど厳しい状況に直面しています。また、カンボジアやラオスでは戦乱から20年、ようやく生活を取り戻し始めたところに「開発」の名の元で新たな土地や資源の収奪が巻き起こっています。しかし、私たちのところには、困難な状況でも日々の暮らしを良くしようと努力を重ねる人々の声が届きます。

今回のセミナーでは、メコン・ウォッチが活動を通して知った現地の暮らしの「今」をお伝えすると共に、これからの日本が各国の人々とどのように付き合っていくのかをみなさんと一緒に考えてみたいと思います。

セミナーのチラシはこちら(PDF)

 

当日の資料(パワーポイント)

 ビルマからの報告はこちら(PDF)
 カンボジアからの報告はこちら(PDF)

 

日時
2013年6月2日(日)13:30-15:30

(15:45-16:45 メコン・ウォッチ総会(総会もどなたでもご参加いただけます。))

会場
岩波セミナールーム
(東京都千代田区神田神保町2-3-1 岩波ブックセンター3F)
地下鉄神保町駅A6出口から徒歩1分
http://www.i-bookcenter.com/shopinfo.html (岩波ブックセンター地図)
定員
40名
要申込
終了
資料代
500円(会員は無料)
プログラム(予定)
13:15 開場
13:30-13:40 はじめに
13:40-14:10 ビルマからの報告
14:10-14:40 カンボジアからの報告
14:40-15:05 映像「トランジション・ラオス 森の変遷と暮らし」上映
15:05-15:30 まとめ・フロアとの意見交換
15:40-15:45 休憩
15:45-16:45 メコン・ウォッチ総会
主催
メコン・ウォッチ
お問い合わせ
特定非営利活動法人メコン・ウォッチ
Tel: 03-3832-5034 Fax: 03-3832-5039
Email: info@mekongwatch.org

 

このページの先頭へ

サイトマップ
特定非営利活動法人 メコン・ウォッチ
〒110-0016 東京都台東区台東1-12-11 青木ビル3F(地図
電話:03-3832-5034 Fax:03-3832-5039 
info@mekongwatch.org
© 2000-2013 Mekong Watch. All rights reserved.